自宅がアライグマの被害に遭ったときには駆除業者へ連絡を

2人の作業員

農家の被害を防ぐために

一軒家

動物園などでよく見るアライグマはとてもかわいいですよね。器用な手を使ってものを洗う姿は多くの人の心を癒してくれます。そんなアライグマですが、現在、日本全国で野生化しているということをご存知でしょうか。アライグマはもともと北米大陸に生息している動物でした。それがペットとして日本に持ち込まれたのですが、ペットに向かない性格をしていることから飼い主に捨てられたり、器用な手を使って逃げ出したりして、野生化していったのです。この野生化したアライグマは日本全国に広がり、各地で度々問題を起こしています。野生化したアライグマが起こす問題の一つは、農作物や畜産飼料の食害です。農家の方の主な収入源は、畑で栽培した農作物です。この農作物をアライグマに食べられてしまっては、農家の方の生活が成り立ちません。牛や豚などの畜産業を行なっている方にとっても、畜産飼料を食べられることで牛や豚が育たないといった被害が出てしまいます。アライグマによる食害でよく報告されているのが、果物やトマト、スイカなどいった甘みのある野菜です。こうした被害を防ぐためには、しっかりと駆除対策を行なうことが大切です。効果的な駆除対策を行なうためには、アライグマが何を好んで、どのような経路から侵入してくるのかといった特徴を把握することがカギを握ります。個人でそのような対策を考えるのも良いですが、本業をおろそかにしないためには、アライグマ駆除の専門業者へ駆除業務を委託するのも一つの手です。

Copyright© 2016 自宅がアライグマの被害に遭ったときには駆除業者へ連絡を All Rights Reserved.