自宅がアライグマの被害に遭ったときには駆除業者へ連絡を

2人の作業員

見知らぬ足跡を見つけたら

作業員

野生化したアライグマは、もともと日本に生息していなかった外来種であることから、生態系を崩してしまうといった被害を発生してしまいます。本来そこに生息していた動植物たちのバランスが崩れると、めぐりめぐって私たちの生活に影響を及ぼしてしまうことがあるので、駆除を行なうといった対策を立てることが必要になります。最近周辺の環境が変わってしまったということや、見知らぬ動物の足跡を発見したというときには、獣害駆除業者へ連絡することをおすすめします。

アライグマは、基本的には水辺を好みますが、森林、湿地、農耕地などとどんな場所でも生活することができる動物です。木登りが得意で木の上にもよく生息しています。日本では住宅の屋根裏にも住み着いていることが確認されており、住宅の食物をあさるなどという被害を引き起こすこともあるため注意が必要です。アライグマを駆除するための対策としては、畑を電気策で囲う、罠を仕掛け捕獲する、生ごみを食べられないようにしっかりとしまうなどといったことがあげられます。このうち、電気策を設けるときには、専門の業者の協力を得ながら行なうことが良いと考えられます。なぜなら、最近では、電気策を子供が掴んでしまったり、壊れた電気策が近くの川に落ちて、その川で遊んでいた子供が感電するというような事故も起きたりしているため、このようなことを防ぐ対策を立てる必要があるからです。アライグマの駆除は、適切に行なえば一定の効果を期待することができます。専門業者に問い合わせたり、ネットなどを活用して調べるなどして方法を考えていきましょう。

Copyright© 2016 自宅がアライグマの被害に遭ったときには駆除業者へ連絡を All Rights Reserved.