自宅がアライグマの被害に遭ったときには駆除業者へ連絡を

2人の作業員

特定することから始まる

一軒家

アライグマの駆除を行なう上で最も重要だと考えられるのが、アライグマに効果のある対策を立てるということです。なぜなら、イノシシなど他の動物に効果のある駆除方法が、アライグマにはあまり効果がないというケースが考えられるからです。また、アライグマは器用に手を使うことができるので、簡単な罠なら自分で外して脱出をすることができます。そのため、アライグマの習性に合わせた罠や駆除対策を考えることが大切になってくるのです。

農作物の食害の被害に対策を立てるときには、被害を及ぼす動物を特定するところから始まります。アライグマは特徴的な足跡を残すことが知られているので、その足跡を被害現場の近くで見つけたときには容易に特定することができるのですが、現実はそう甘くはありません。大抵の場合は、被害を及ぼす動物の特定は難しいのです。そのようなときに役立つのが、自動撮影カメラです。自動撮影カメラがあれば、アライグマが食べ物を食べている現場を撮影することができるので、被害を及ぼす動物を把握することができます。自動撮影カメラでは、その現場の様子を撮影するので、仮に複数の動物が被害を及ぼしていた場合に総合的な対策を立てることが可能になるというメリットがあります。足跡などの痕跡を頼りにするという方法では、特定の動物のみの被害しか想定ができないために、効果的な駆除を行なうことができないということも多々あります。自動撮影カメラは、一日中畑を監視してくれるので、アライグマによる被害を防止するのにとても役立つものであるといえるでしょう。

Copyright© 2016 自宅がアライグマの被害に遭ったときには駆除業者へ連絡を All Rights Reserved.